「どの情報が結局正しいの?」「どこの病院に行ったらいいのか分からない」みなさんが思う日々の疑問に対して、画期的なサービスを実現します!

『情報過多の時代に正しい医療情報を提供』

“香川県の皆さまへ、安心できる根拠ある医療の情報を提供します“

Meduonは、代表が香川大学医学部の学生だった時に立ち上げた団体で(※香川大学とは一切関係がありません/大学公認の団体ではありません)、“香川県の皆さまが、不確かな情報に流されないで、安心した根拠ある医療情報を受け取り、健康な暮らしや安全な医療を受けていただきたい“という理念のもと活動をしています。

現在すでに、様々な方にサポートをいただきながら、エステサロンSetolaboの運営や、希少糖カフェChanom(コロナで店舗閉店されています)の監修を行って参りました。それぞれ、身近なものを通して医学的根拠の重要性を実例として訴えています。

「Meduon.jp」は、健康な暮らしや安全な医療を受けていただくために、香川県の全ての世代のみなさまに向けて、「医師による根拠ある医学の情報」そして「患者さん目線で行くべき病院が検索できるシステム」を提供するという試みです。

情報過多になり、資金力のある企業の宣伝や既得権益を気にした一部のメディアの流す情報に流されてしまう今、私たちの健康は大変に軽視されていることがあります。
(注:もちろん多くの企業やメディアの方は正確な情報を伝えようとされています)

何を信じて、どの情報を選択すればいいのか。これは私たちだけでなく、すべての人に持って欲しい当事者意識であると考えています。

最終的に患者さんやご家族が不利益を被るのは、私たち医師・医療系学生にとって、本当に辛く悲しいことです。だからこそ、私たちは誤った情報から皆様を守っていきたい。そのために、Meduon.jpを開設することにいたしました。

Meduon.jpとは

問題点その1

情報過多の時代、情報の選択がとっても難しい。

インターネットの使用量は過去数年で急増中であることは皆さんご存知だと思います。特に医療に関する情報は溢れかえっていて、専門的な知識を持っていないと情報が正しいものなのかを判断することはかなり難しいのが現状です。

もし誤った民間療法を信じたり、治療に必要な医師の提案を頭ごなしに拒否してしまえば、結果的に不利益を被るのは患者さんご自身になってしまいます。

しかし、現在の医療において、信頼できる情報源や相談のしやすい環境は十分ではありません。

私たちは、香川県内の開業医の先生方を中心に「日々の診療で多い主訴」や「その時代で話題になっている最新の医療」などから、エビデンスの高い(根拠ある)情報をいただき、WEBやSNSを通じて、香川県民を中心とした日本の皆さまへお届けします。

問題点その2

どこの病院にいけばいいか分からない

また、病院やクリニックが増えた一方で、「どこの病院へ行けばいいのか」という疑問を、誰もが持っているというのが事前のアンケートで判明しました。さらに、選ぶのに必要となる具体的な項目をアンケートで収集し、医師や医療系学生の意見も集約して、患者さん目線と医療関係者の視点から10の項目を作成しました。これから取材を行い、公的機関や従来の検索サイトでは実現しえなかった「どこの病院へ行けばいいのか分かる」検索サイトを私たちが構築します。

よって、以下2つのWEBサービスを実現する「Meduon.jp」を開設します!

①香川県内の医師などの医療系職種と医療系学生で発信する医療図書館

②患者さん目線で探せる病院検索サイト

 

治療法を選択することは患者さんの権利、だからこそ、そのサポートをしたい

医師の言うことに絶対従うという時代はとうに過ぎ、現在は患者さんが治療法を選択できる時代になりました。医師は、患者さんの思いに耳を傾け、その患者さんにとって医学的にベストな治療法を提示します。

TVや雑誌、SNSやWebの記事など、中には正しい情報もたくさんありますが、その背景に企業やスポンサーが隠れていたり、●●大学の医学博士の記事といっても、伝えるメディア側が切り口を狭め記事を面白くすることで情報を不適切に受け取れるように変化させてしまうことが、現在世の中では起きています。医学的に正しい情報でも、ある状況の自分にとっては正しくないこともあります。

そのような記事を信じてしまった患者さんが治療を拒否して、最終的に不利益を被ってしまう状況が、ここ香川県内でも起こっています。健康食品やサプリメントなど、健康に目を向けると、さらに状況は深刻です。

いかに適切な情報を伝え、利用できるものにするか

溢れかえった情報から根拠のあるものを得るためには、やはり知識が必要です。

そこで、私たちは、香川県内の医師を中心とした医療関係者から記事を集め、香川県民に信頼して情報を受け取れる場所を作ります。

Meduon.jp最大の特徴は、県内の医師が書いた病気や健康に関する記事が読める点にあります。情報の収集に時間はかかりますが、図書館のような場所としてMeduon.jpは機能を果たします。

*下記の病院の情報掲載に続いて、記事は随時更新されることになります。

*記事を書いた医師とは別の医師が、その内容を再度十分確認いたします

そして、WEBの記事は、毎日SNSで無料で発信します。

具体的には、SNSやメール、LINE@を介して140字ほどの情報を画像付きで毎日発信いたします。

毎日使うSNSで医学に触れることも必要ですが、その先にMeduonの狙いがあります。

その狙いとは、情報が必要になったその時、あれ?この話どこかで聞いたことが有るかもしれない、と気付くことです。そして、その記憶を遡って必要な情報を再度取り入れることです。

各個人の日常に不必要な情報はどんどん忘れ去られることになりますが、以前要らなかった情報が後になって必要になることは往々にして起こるものです。しかも、加齢とともに健康問題が増えていくため、医療においてはよくある事と言えます。

Meduon.jpは、後からさらに深く読み返せる図書館のような場所として機能を果たし、日々の生活で受動的に医学的知識を得ながら、必要時は能動的に医学的知識を得ることができます。

患者さん目線の病院検索システム

現在、大学病院などの大きな病院へ直接受診される患者さんが増え、問題になっています。

アンケートの結果によると、その原因の多くは「どこの病院へ行けば良いか分からない」「大病院ならどこかの診療科に回されるから確実」「なんとなく優秀な先生がいそうで安心」というものでした。

厚生労働省や県の方針では、かかりつけ医を持つことを推奨したり、大病院の初診料を上げていますが、解決策にはなっていません。

設備面では医療資源の集約された大病院が優位なのですが、大学病院などの大病院は、高度な医療が必要な人が受ける治療に専念する必要があります。

一方で、患者さんも、近所の病院へかかることで、大病院での無駄な検査や長い待ち時間にうんざりすることもありません。まずは開業医の優秀な先生方に診てもらうことで、より適切な医療を受ける大きなメリットがあります。

「Meduon.jp」では、既存の病院検索サイトとは異なる視点から、香川県内の病院を検索できるようになります。行く病院を調べたけれど、結局どこに行くべきかよく分からなかった、という経験のある人は案外多いのではないでしょうか。

そこで、我々は既存のサイトでは得られない情報に力を入れていきます。例えば、その病院がどんな病気に強く、どんな病気は専門外か、という情報です。また、病院の内装と外装、医師の写真や情報を定期的に更新することで、患者さんと病院の距離を近づけたいと考えています。 

みんなで作り上げることが求められています。

自分たちだけの問題ではなく、すべての人にとっての問題だから。

私たちが今取り組んでいる問題は、人ごとではありません。

今、この記事を読んでくださっているみなさんも、そして、みなさまのご家族も、大切な人も。

すべての方に当事者意識を持ってもらいたいです。

「あなたの大切な人が誤った治療を選択してしまい、取り返しのつかないことになったらどうしますか?」

「普段飲んでいる健康食品が原因で、数年後に病気になってしまったらどうしますか?」

この問題は、既得権益や様々な絡みがあり、重要視されながらも誰も取り組んでいません。

だからこそ、「私たちが」取り組みます。

 

最終的に患者さんやご家族が不利益を被るのは、私たち医師・医療系学生にとって、本当に辛く悲しいことです。

Meduonでは、一緒に問題を解決するサポーターを募集しています。

みなさまのサポートなしに、このプロジェクトは実現不可能です。
今後とも応援のほどどうぞよろしくお願い致します!