PCR検査についてプレリリースを行いました。

合同会社Setolabo(本社:香川県高松市、代表:医師 岡田悠輝)は、西日本最大規模の中四国PCR検査センターを設立し、香川県を中心とした中四国・関西地方のPCR検査を担うと発表した。既に、PCR検査センター設立の準備に入っており、衛生検査所の登録を経て10月中の始動を目指している。PCR検査を通じて、withコロナ下での感染症に強い経済基盤を作っていく。  また、香川県内の各地の医療機関でPCR検査が自費5000円で受けれるように調整に入った。9月上旬に香川県内の全医療機関への協力要請を行っており、PCR検査がビジネス化している中で、同社の代表が疑問を呈した状況。既に、香川県内の企業を限定に5000円でPCR検査が行えるよう同社の特設WEBページでも案内を開始している。なお、個人対象にもPCR検査を行う方針である。  開設までは、同社代表が代表取締役を務める株式会社PCR検査センター(本社:愛知県名古屋市 )と業務提携し、検査業務を委託する。同代表は、中四国PCR検査センターと愛知県PCR検査センターと合わせて、2020年末まで1日1万件のPCR検査体制を目指すと発表した。

https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=60112&release_id=7&owner=1