COVID-19に立ち向かう病院や保健所の医療スタッフへ、ランチと応援メッセージを届けます。新型コロナウイルス感染拡大によって経営難におちいった飲食店にランチを提供していただくことで、飲食店を支援しつつ、医療スタッフに笑顔を届ける仕組みを確立します。

はじめに・ご挨拶

初めまして。予防医療の啓発活動を行なっているMeduonの岡田悠輝と申します。

Meduonプロジェクトチームは医師と医学部生で構成されており、主に香川県を中心に活動を行なっています。この度、新型コロナウイルス肺炎(以下、COVID-19)を受けて活動範囲を全国規模に拡大しました。現在は、COVID-19の診療にあたっている全国の医療スタッフ同士が悩みや思いを共有し交流できる無料オンラインサロンを運営しています。

このプロジェクトで実現したいこと

この度、私たちは、全国の医療スタッフをサポートするべく、以下の3つを実現します。

1)COVID-19感染患者の治療にあたっている全国の医療機関のスタッフにランチを無料で届けます。
2)COVID-19で経営難におちいった医療機関のある地区の飲食店へ発注を行うことで、その飲食店の経営を資金面から少しでもサポートします。
3)支援者の方が、医療スタッフと飲食店に元気を届けられる仕組みを作ります。

★支援者様のご希望に応じて、都道府県、医療機関·飲食店の指定も可能です。このプロジェクトの最大の特徴は、地元の飲食店を応援しながら、地元の病院を応援できる点です。

※支援者様の希望された医療機関が受け入れを断った場合は、同都道府県の他の近場の医療機関より優先してお届けいたします。

プロジェクトを立ち上げた理由

私たちのプロジェクトチームの中には、実際にCOVID-19感染患者の治療にあたる医療スタッフが含まれています。

体力の消耗。
いつ自身も感染するかわからないという恐怖。
終わりの見えない不安。
そして何よりも患者さんの命を助けなければ、という重い責任感。
そんな中、日々医療スタッフは治療に携わっています。

また、あまり報道されていませんが、COVID-19の患者さんを抱える病院では、多くの医療スタッフや医療資材をCOVID-19の治療に当てられてしまうため、通常の診療に大きな影響が出ています。例えば、ある医師がCOVID-19の治療のために抜けることで、残された医師の通常業務が倍増するなどです。他にも、ガウンやマスクの使い回しなどの問題が発生し、いつ自身も感染するか分からないという尋常でないストレスの中で働いています。

病院での勤務が終わった勤務時間外も、外出自粛のため家や寮で過ごさざるを得ません。また、2人以上の食事会も禁止されているため、大半を占める一人暮らしの医療スタッフは日々孤独と戦っています。仕事と職場のその往復のみが許され、生活の10割を診療に当てているような状況です。

医療資源が不十分な危険な環境の中で戦っています

このような生活の中で、「食べること」は唯一のリラックスする時間でもあります。

その短い時間を少しでも楽しいものにしていただきたい。そんな思いから、COVID-19の治療にあたっている全国の医療機関のスタッフに「美味しいランチ」と「応援メッセージ」を届けるプロジェクトを立ち上げました。

また、全国にはCOVID-19の影響で経済的に大きなダメージを受けた飲食店が存在します。みなさまの命には変えられないと、感染拡大防止のために身を削ってまで臨時休業を決意した飲食店も多く存在します。私たちが予防医療の啓発活動で利用させていただいてたカフェもすでに閉業が決まりました。経営難の飲食店の方々へそのランチの発注を依頼することで、少しでも経営難にある飲食店のお役に立てたらと考えております。

これまでの活動

現場スタッフの精神的な疲弊やストレスを少しでも改善するために、医療関係者同士が繋がるオンラインサービス「meduonトーク」を提供しております。現場での悩みを共有することで、少しでも心の負担を緩和していただくことが目的です。

また、香川県の限定になりますが、中心部にあるカフェを利用して、SNSを用いて医療情報を発信したり、医療セミナーを開催してきました。特に現在は当カフェ(現在は休業中)と協力して、商店街に掲示を行うなどCOVID-19の予防に関する啓発活動を行なっています。

香川県の中心部にある休業中のカフェと協力し、商店街の通行者へCOVID-19を啓発している。

資金の使い道

資金の使い道はCAMPFIRE様への手数料を差し引いた上で全額を支援額に当てます。

・ランチ発注代1人あたり約700円とします。
・印刷・郵送代等のプロジェクト遂行に関わる費用 若干
・リターン費用 若干

対象とする医療機関は全国の医療機関ですが、まず一つ目のゴールを3つの医療機関への支援として、目標金額は40万円と設定します。最終目標は全国全てのCOVID-19の患者さんを担当する医療機関へランチと応援メッセージを届けることです。
(対象医療機関は活動報告で随時報告していきます。)

リターンについて

上の模式図にも示したように、プロジェクト支援者様に向けたお礼のお手紙や寄せ書きを、提供先の「医療機関」と提供する「飲食店」の方へ依頼いたします。ランチ提供終了後に、写真付きの報告書と合わせて、支援者様のご住所へ送付させていただきます。他、プラチナ/ゴールド等のサポーター枠を設置し、公式WebページやNote、報告書へのお名前の記載(任意)を行います。

また、支援者様のお名前(匿名も可能)とメッセージの入ったお手紙(手書きのものを個数分コピーする予定)を各ランチに添えさせていただきます。可能であれば、応援メッセージをよせていただけますと幸いです。支援者様の暖かい応援メッセージは現場で働くスタッフの何よりもの励みになります。どうぞご協力のほどお願いいたします。

 

実施スケジュール

CAMPFIREでのクラウドファンディングが終了した後も、COVID-19が収束するまでは活動を継続していきます。

※医療機関・飲食店の選定に関しては、支援者様のご要望をお伺いしますが、プロジェクトチームでも公募を行うと同時に、こちらよりアプローチしていきます。活動報告でも逐次ご報告していきます。

最後に

今この瞬間にも、病院や保健所·検査施設などの医療機関では危険を顧みずにCOVID-19と戦っている多くの医療スタッフがいます。
体力を奪われ、多くのストレスを背負いながらも、患者さんの命を助けるために重い責任感を持って治療に専念されています。
皆様も日々の生活で沢山の苦労をされていることと思います。
そのような中で大変恐縮なのですが、少しでも現場の医療スタッフに元気を届けられるよう、ご協力いただけないでしょうか?
1000円から支援していただくことが可能です。1000円でも、1人の医療スタッフに直接元気を届けることができます!

みなさんで一丸となってこの困難を乗り越えましょう!!
みなさまのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。